縁起物 陶器 | ビリケン

HOME -- ビリケン

ビリケン


ビリケン

ビリケンは、尖った頭と吊り上がった目が特徴の子供の姿をしている幸運の神の像です。
日本では大阪の二代目通天閣にあるものが有名で、ビリケンさんの愛称で親しまれ、特に足を掻いてあげるとご利益があるとされています。 元々は1908年にアメリカ合衆国の芸術家フローレンス・プリッツが制作した像で、彼女が夢の中で見た神がモデルになっているといいます。 これが「幸福の神様」として世界中に流行しました。
当時のアメリカ大統領であったウィリアム・タフトの愛称が名前の由来とされており、アメリカではセントルイス大学のマスコットになっています。
日本には1909年頃渡来し、1911年大阪の繊維会社・神田屋田村商店が商標登録を行い、販売促進用品や商品キャラクターとして使用しました。
1912年、大阪の新世界に遊園地・ルナパークがオープンし、当時流行していたビリケン像が置かれ、新世界の名物となります。 しかし、ルナパークの閉鎖とともに、ビリケン像は行方不明となりました。
1979年、通天閣に「通天閣ふれあい広場」を作る際、かつて新世界の名物であったビリケン像を復活させることになり伊丹市在住の安藤新平の彫刻により戦前のビリケン像が木彫で復元され、以来通天閣の名物となっています。
1996年には通天閣を舞台とした阪本順治監督の映画ビリケンが公開されました。 2008年、ビリケン誕生100周年に合わせ、玩具販売業・株式会社マイクインターナショナルによりユニバーサル・シティウォーク大阪にビリケンが設置されましたがゴキブリの巣になっていたためすぐ撤去されました。