縁起物 陶器 | 風水

HOME -- 風水

風水


風水

日本における風水は、家屋の立地から、都の建設に至るまで広く普及しています。
特に京と江戸の二大都市が風水における四神相応の、最高の立地条件で建設されています。 この二都市の建設においては御霊信仰が密接に絡んでいて、怨霊を防ぐための科学として、風水が採り入れられています。
風水は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶禍福を決定するために用いられてきました。 気の流れを物の位置で制御する思想で、堪輿ともいいます。
死者は永く幸を受け、生者はその子孫繁栄するといい、風水では都市や住居を「陽宅」、墳墓を「陰宅」と呼んで区別しています。
古代からの相宅や相墓といった占いの技術が陰陽五行説に基づきつつ総合されて成立しました。
風水には地理の別名があり、天文がかつては狭義の天文学と天象を基にした占いのアマルガムであったように、風水も狭義の地理学と地理を基にした占いのアマルガムでありました。
そのため風水は大別すると、地形読破の術である巒頭と時間によって変化する天地間の気を判断する理気とに別れます。
巒頭は、その土地の気の勢いや質を地形等の形成を目で見える有形のもので判断する方法で、形法、形勢派、巒体派などとも呼ばれます。
理気は陰陽五行や八卦、易理、方位など目に見えないもので判断する方法で、理法、理気派、屋宅派などとも呼ばれます。